Oct 30 2010

ブログ引っ越しました。

Published by webmaster under webmasterからの連絡

ホームページ開設当初からこのブログを通して様々なことをお伝えしてきましたが

このたび、ブログをリニューアルしました(#^.^#)

「かしべのつぶやき」をお気に入り登録していた方は

お手数ですがURLの登録変更をお願い致します。

新しいブログは ↓ ↓ コチラ

真つぶの町「様似町」から  〜花蘂水産スタッフブログ〜

http://kasibenomatubu.blog76.fc2.com/

お待ちしております♪

No responses yet

Sep 14 2010

日高でパエリア♪

Published by webmaster under 店長日記

挨拶の冒頭分に「暑いですね。」っと言っていたのはつい先日までで、ようやく朝晩の風は肌寒さを覚え、秋晴れの1日も、夕暮れが急いでやってくるようになりました。
「秋ですね」
収穫の秋ですよ!食欲の秋ですよ!目に映るものすべてが「旬」ですよー!(言いすぎ?)
日高地方は、海の幸・山の幸が豊富な地域(#^.^#)
漁業・農業・酪農・軽種馬と、たくさんの産業に支えられている場所です。
タイトルの「日高でパエリア♪」はそのまんま!
日高でとれた山海の幸をふんだんに使ったパエリアを、なんと「無料提供」しちゃうイヴェントがありまーす!

9月23日開催
日高こだわりうまいもの市
日高振興局がセレクトした、こだわりの農林水産物や食品加工品を販売する「日高こだわりうまいもの市」が門別競馬場で開催されます。
その中のイベントとして、日高管内商工会職員協議会が、日高産の魚介類&野菜を使ったパエリアをご来場の方に無料提供してくれるんですから、「うまいに決まってるしょやね!」(花蘂水産も魚介類を提供させていただいてます♪)
ほかにも、男のつぶおでん、たこ天ハッピー、ヤマだべさ弁当、原木なめこ、ハマナゼリー、軟白長ネギ、魚肉コロッケなど、こだわりのうまいもんが沢山販売されます。

開催日時 9月23日(秋分の日) 14:00〜20:30
開催場所 門別競馬場とねっこ広場(日高町富川駒岡76-1)
入場料 無料

詳しくは、「日高振興局商工労働観光課」のページをご覧ください(コチラ
場所については、「ホッカイドウ競馬門別競馬場」のページをご覧ください(コチラ

競馬に興味があってもなくても、ドライブがてらちょっとお出かけしてみませんか(#^.^#)

No responses yet

Sep 09 2010

様似八景フットパス

Published by webmaster under webmasterからの連絡

様似の美しい風景を守り、PRしていこうと町民の皆さんから公募し選ばれた八つの景色が様似八景です。
親子岩・アポイ岳・日高耶馬渓・幌満峡・塩釜とローソク岩・等じゅ院・観音山・エンルム岬。
どの場所も、花蘂水産ブログ登場率は高いので、様似町に来たことが無い方も、なんとなく情景を思い出せるのでは・・・(*^_^*)
手前味噌ですが、「本当に様似って、いいところですね(笑)」

その後に続く単語。
「フットパス」と言う言葉をご存知ですか?
もともとは、イギリスを発祥とした「歩くことを楽しむための道」と言う意味で。もっと平たく分かりやすく言うと「散歩道♪」
っと言うことは「様似八景散歩道」と言うことです(#^.^#)

実は、先日発売された「フットパスベストコース北海道機廚噺世雑誌に、様似町が紹介されています!

雄大な自然に抱かれながら、丘陵地、大平原を歩くコース。
北海道内にたくさんあるフットパスコースのBEST9に様似町が入っているんですよ!!

ご紹介されているコースは、様似駅をスタート観音山展望台→親子岩ふれ愛ビーチ→エンルム岬を経て、様似駅に戻ると言うコース。
途中には、様似漁港や郷土資料館など、普段はなかなか見ることができないポイントも組み込まれています。所要時間は3時間弱(9.2キロ)を予定しているコースですが、楽しい散歩には寄り道がつきもの(*^_^*)
自分なりのフットパスコースを作るのもいいですよね。
厳しかった残暑も緩み始め、涼しい風が吹く初秋。
A5サイズで持ちやすいこの1冊を片手に、北海道のフットパスコースを楽しく散歩してみてはいかがですか?
フットパスベストコース北海道
ダイヤモンド社・ダイヤモンド・ビック社から1000円で絶賛発売中〜♪

No responses yet

Sep 04 2010

美味でしたぁ♪

Published by webmaster under webmasterからの連絡

春の「ポークまつり」に続き、秋は「ステーキまつり」が定着しつつあるアポイ山荘イヴェントですが、今年も行ってきましたよ!
(ポーク祭りの模様は、過去記事のコチラ をご覧ください)
アルコール飲み放題・ソフトドリンク飲み放題・ロース300g・ヒレ200gを選択し、まずはドリンクで乾杯!

ボスは、出張のため少し遅れて登場!
鉄板が運ばれてくるまで、少しの談笑と・・・↓

たっぷりサラダバーを(*^_^*)プチケーキも一口サイズで食べやすく美味しい!ヴィシソワーズも私好みの味で、おススメスープです♪次々と奥のテーブルに、ジュージューと音を立てた鉄板が運ばれて行くのを横目で(汗ほどなく、花蘂水産のテーブルにも、ジュージューの音色が届きました!

熱々の鉄板に、ステーキソースをかけてカメラを構えると、蒸気でファインダーの中は真っ白(爆ぷっくり白身が、食欲を誘いますねぇ(#^.^#)(湯気を吹き払っている間も、まわりに熱いソースが飛び散り、鉄板が焦げぎみに・・・)

こちらはソースを乗せる前のロース!
300gの厚みはかなり!ステーキバンザイって心境です。
ちなみに、お肉NGのボスには、↓お刺身の他に海鮮鉄板焼きが登場!

どっちも食べたい。。。。さてさて、メインディッシュもしっかり食べ終わり、お楽しみTIMEのはじまりはじまり。

日高管内初?
チョコレートホンデュタワーが登場です。
マシュマロ・バナナ・ぶどう・メロン・スイカ・グレープフルーツなど、チョコレートと相性バッチリのフルーツがてんこ盛り(*^_^*)
最近では、女性より男性の方が甘党が多い!?
小さい子供と競い合ってチョコレートタワーにしがみついていました(爆

春のポークステーキ&秋のビーフステーキ。
季節の風物詩となりつつある、アポイ山荘の美味しいイベント。
ご予約のお客様には、アポイ山荘無料入浴券を1枚プレゼント&当日入浴もサービス!

明日(9月5日)が最終日となっておりますので、「食べたい!」と思った方は、今すぐアポイ山荘 までお問い合わせください。

No responses yet

Aug 24 2010

温度管理が必要

Published by webmaster under webmasterからの連絡

今年の様似町は、例年にないほどの猛暑が続いています。
ご挨拶の冒頭に出る言葉は「あついですねぇ。。。(汗)」
花蘂水産には、大きな水槽が直売所・現場にあるので、ご来店のお客様は「ココは涼しくていいですねぇ♪」と。
(湿度が高い日などは、エアコン稼働中だったりもしますが・・・)

日本各地で猛暑となったこの8月。
熱中症で倒れたり、体調を崩された方も多いそうですが、急激な温度変化に対応できないのは、人間だけれはありません。
例えば↓コチラに写っている左の魚影。

出世魚として名高い「イナダ君」
入荷した時は、若干弱り気味だったので、「ダメならみんなで食うぞー!」っとボス。
もちろん、従業員一同、胃腸の準備はOK!
いつでも刺身・お寿司・煮物が作れるよう、頭の中でレシピが駆け巡って、その時が来るのを待っている私。

しかし、海の温度と花蘂水槽の温度に差があり、さらに体調不良のご様子。
(もちろん活きているので、鮮度は極上です。)
「なんかチョット弱ってきてますよ♪(従業員喜びの笑顔中)」
「やっぱり食べてあげましょうか(#^.^#)」

ところが。
「お客様お買い上げ決定!!」

(くどい様ですが、活きていますので超新鮮です)
お店の売上に転じてくれたのは喜ばしい事ですが、「イナダ食べるぞ!」と心身ともに準備をしていた私。
嬉しいような、寂しいような(*^_^*)

花蘂水産には、時に珍しい活魚が水槽の中を回遊しています。
先日は(残念ながら画像はありません)超高級魚「活ふぐ」が入荷(●^o^●)
更に居酒屋さんの「時価」表示が怖い「活キンキン」なども稀に入荷します。

日差しが暑い日は、花蘂のコーヒーを飲みながら、水族館さながらの水槽を見ながら過ごすのもイイですよ。
ランチタイムには、真つぶ刺身&真つぶ壺焼きでお腹を満たすのもひとつ。
真つぶ専門店ならでは!正真正銘の「エゾボラ」のみでご提供します♪

チョット話がずれてしまいました(汗
まだまだ残暑厳しい8月ですが、みなさま体調に御留意下さい。

No responses yet

Aug 23 2010

今年もはじまりました!

Published by webmaster under webmasterからの連絡

様似漁港に活気がでるこの時期。
今年も真イカ(スルメイカ)を求めて、各地(遠くは長崎県)から漁船が集まっています。

以前のイカ釣り漁は、午後出港→夜中操業→早朝荷揚げでしたが、現在の日高沖イカ釣り漁は、日中操業。
早朝出港→日中操業→日没頃荷揚げとなっており、漆黒の太平洋に輝く「漁火」はなかなか見ることができなくなってしまいました。
(晩秋になると、群れになって帰港する漁船群が灯す集魚灯は、圧巻です。)

入港時間には、ぞくぞくと漁船が様似漁港内に(#^.^#)
画像は、エンルム岬から撮影。

数年前から漁港整備工事施工中。雨天でも安心して荷揚げできるように、屋根が設置されました!
この時間の港は、もっとも活気があり、所狭しと積み上げられた発泡詰の真イカ&木箱詰めの真イカが見られ、積み込み用のパレットや氷を運ぶフォークリフトが縦横無尽に走り回ります!
荷揚げ風景は、去年のブログ をご覧ください。
真イカは、船の外周に設置された「釣り機」から針を下ろし、魚影がHITしたところで巻き上げ開始!
船上を海水が流れ、一か所に集められたイカを、乗組員が手早くサイズ毎に選別し、氷を敷き詰めた発泡に綺麗に並べて荷揚げされます。

荷揚げ直後、上鮮度の発泡を開けると、真っ黒なんですよ(#^.^#)

その、極上鮮度の様似産「真イカ」を是非食べていただきたい!!!
っと言うことで、花蘂水産ではご注文いただいたお客様に、

獲れたて新鮮真イカを地方発送致します!

天候の悪化(時化など)や休漁などの場合を除き仕入可能ですので、できるだけお客様のご希望に沿った日程で発送致します。
価格は、日々浜値が変動致しますので、ご注文時にお問合わせください。
参考価格 発泡詰め1箱20パイ入り ¥1600〜¥2000(あくまでも参考価格です)
地方発送の場合、送料が加算されます。
代金引換発送の場合、代引手数料が加算されます。

様似沖で水揚げされた、極上鮮度の「真イカ」を是非お召し上がりください!
オリジナルレシピプレゼント中♪

↓↓↓お問合わせ・ご注文は↓↓↓
有限会社花蘂水産
Tel 0146−36−4823
Fax 0146−36−4829
Mail webmaster★kasibe.com
(★を@に変換して送信してください)

No responses yet

Aug 19 2010

様似町の壁画

Published by webmaster under webmasterからの連絡

日本の夏休み(?)お盆休暇も終わり、海水浴場の鮮やかなテント群も、まばらになりました。
このブログをご覧の皆さんは、どんな休暇を過ごされましたか?
「高速道路渋滞情報●●から30km」とTVテロップを見て、うんざりしている道産子な私ですが、もしも様似町で30kmの渋滞が出来たら・・・。隣町までぶっちぎり(!?)

さて、タイトルにある「様似町の壁画」ですが、どこにあるかご存知ですか?

上の写真は、親子岩ふれ愛ビーチキャンプ場から様似漁港方面を写した1枚ですが、矢印が差している部分は、漁港突端へと続く散歩コースになっていて、ウォーキングコースとして地元の人に利用されています。
(最近ではキャンプのお客様も散歩している様子です。)
この遊歩道の下にも歩道が設置されていて、その壁面に様似に伝わる伝説や地名に関する謂(いわ)れが!

むかし、様似の集落が敵の軍勢におそわれました。
アイヌの男は、妻と子どもを安全なところへにがし、一人でたたかいました。
妻は、とちゅうまでにげてきましたが、もう、だめだとかくごし、子どもをだいて海にはいり、たちまち岩になってしまいました。
あとをおってきた男も海にはいり、大きな岩になりました。
おいかけてきた相手はくやしがり、大岩めがけて矢をはなちました。
矢は大岩にあたり、そのいきおいで妻と子の岩にあたってとびちりました。
矢は空たかくまいあがり、遠くとんで冬島の大岩にあたって穴をあけました。
いまも親子岩は、なかよくならんでいます。
楽しかった日のことを語り合っているのでしょうね。

エンルムとはアイヌ語で「尖り頭」を意味し、シャマニアイヌの酋長のチャシ(砦)がありました。
むかし、エンルム岬に、すごい刀をもったアイヌのかしらがすんでいました。
ある日、その刀をねらって敵がおしよせ、にらみあいになりました。
何日かして、かしらが高台にのぼってみると、岸辺に大きなクジラがよっているのがみえました。カモメが群れをなしています。
「おぉ、えものだっ!」
かしらはすぐに、手下をしたがえてとりでをかけおりました。
近づくと、カモメがいっせいにとびたちました。そこには大きな砂山になっていて、小魚がいちめんに、ちらばっていました。
はっと気づいたとき、とりではすでにうばわれ、敵の大将が、どうだ、といわんばかりに、刀をたかだかとかかげていました。
「はかられたかっ!」
かしらはじだんだふんでくやしがりました。

様似で塩づくりがはじまったのは寛政12年(1800)のことです。
役人の命令で、浜辺の人たちは海水をたるで運び、大きな釜にいれます。
「そら、こぼすんじゃないぞ。」
おじいさんがさけびます。
おかあさんも子どもたちも、みんな一生けんめいです。
釜の下からどんどん火がたかれ、海水は湯気を上げてじょうはつしていきます。
こうしてできた塩は、魚をちょぞうするのに、とても大切なものでした。
これが北海道で塩をつくったはじまりで、塩釜の地名になったのです。

このお話は、ふるさと絵本「さまに昔むかし(様似町・様似教育委員会)」に掲載されていて、様似図書館では紙芝居としても利用されているとか。
児童向けの本なので、ひらがな記載が多いですが、アイヌに伝わる伝説のほか、様似の古い話(和助地蔵さん)などにも触れています。

ちょっと変わったこの壁画の画材ですが、何を使用しているか分かりますか?

実は、色とりどりの石を使って描かれてます(#^.^#)

親子岩の背に沈む夕陽をみながらの散歩もいいですが、たまには遊歩道の下を歩いてみませんか?
側にある公園のいたるところに植えられたハマナスが、沢山実をつけているのも見ごたえありますよ。

No responses yet

Aug 17 2010

感動していただいております(笑)

Published by webmaster under webmasterからの連絡

花蘂水産直売所に於いて、真つぶ料理を提供させていただき、1年が経ちました。
ブログ告知は2009年7月30日

その後、メディアを通じて更に沢山の方に知っていただき、テレビ出演から数カ月たった現在でも「テレビを見て食べてみたかったんです!」と言っていただける。嬉しい限りです(#^.^#)
●かしべの真つぶ刺身●

水槽から上げたばかりの真つぶを、すばやく捌き、鮮度が命であるウロもお刺身で召し上がっていただきます。
この歯ごたえと甘さは、ほかのどんな貝よりも満足していただける自信がありますが、切り方で食感が左右され、盛り方ひとつで目を楽しませる。日々努力を重ねました。

●かしべの真つぶ壺焼き●

だし汁は、どこにも真似できない試行錯誤の味!(ほんとうに何度も何度も試食会を開き決定した味です)
煮汁まで全て飲みほしていただける味。真つぶの食感と味を残した煮加減。

提供開始当初から変わらぬ味を守り続け、現在ではリピーターのお客様が日々増加。
「味、変わってないわぁ〜♪美味しかったー(#^.^#)」と喜んでいただいています。
また、「知り合いに“美味しい!”って聞いたから食べに来ました(*^_^*)」と言うお客様も。
次にご来店のお客様にも「真つぶってこんなに美味しいんですね!感動しました!!」と言っていただけるよう、提供当初の「美味しい真つぶを食べてもらいたい!」と純粋に思い、作り上げた味をこれからも守り続けたいと思います。

花蘂水産では、「真つぶ」料理を提供しております。
現在も「真つぶ刺身」「真つぶ壺焼き」のみの提供ですので、お食事処ではありません。
おにぎり・炊飯ジャーなどは持込OKですので、お気軽にご来店ください(笑)

そして!今年も「日高の真つぶフェスタ」が開催されます!
8月20日(金)〜9月30日(木)まで

記念品応募ハガキが付いた協賛店全店をご紹介の小冊子は、花蘂水産にありますので、「食べて、買って、スタンプラリーに参加!」してくださいね♪

更に、花蘂水産で¥3000以上をお買い上げのお客様には、プレゼント進呈中!
ご来店お待ちしております(#^.^#)

No responses yet

Aug 13 2010

お盆と言えば・・・

Published by webmaster under webmasterからの連絡

蚊取り線香+花火がイメージとして強いのは私だけ?

アポイの火まつりが終わり、「様似の暑さもこれまでかっ!!!」と思っておりましたが、今日は朝から好天に恵まれております。
数日前より台風4号の動向が気になっていましたが、様似町には大きな被害もなく、お墓参り日和。
車のナンバーを見ると、地方名が増えており、直売所にも初めてのお客様が多くいらっしゃいます。
アウトドア派の方は、キャンプ場にGO!
●「親子岩ふれ愛ビーチキャンプ場」

毎年、テントサイトから溢れるほどのキャンパーが、色とりどりのタープを張り、夏の思い出を作っていく穴場となっております。
さまにについて 」でもご紹介しておりますので、ご覧ください。

●「アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場」

バンガローは、全て予約の方の名前があり、人気の高さが伺えます(#^.^#)

近くを流れるポンサヌシベツ川のせせらぎを聞きながら、木陰でゆっくり過ごすのもよし。子供でも登りやすく整備されているアポイ岳登山もよし。
たっぷり汗をかいたら、すぐ上にある「アポイ山荘」 の湯に浸かって体を休めるのもいいですね。

★ふれ愛ビーチキャンプ場のお問い合わせは
センターハウス 0146−36−5555

★アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場のお問い合わせは
アポイ山麓自然公園管理事務所 0146−36−2415>/span>

そして、お盆と言えば盆踊り♪♪

お子様から大人まで、浴衣に着替えて団扇を持って、櫓(やぐら)を囲んで楽しく踊ろう(#^.^#)
「アポイ大盆踊り」が8月16日〜17日に開催されます(スポーツセンター前特設会場)。
両日ともに午後6時30分から子供盆踊りが始まり、午後9時まで大人も一緒に踊ることができます。
17日夜は、仮装盆踊りやお楽しみ抽選会もありますので、家族みんなで参加しませんか!?
もちろん、浴衣を着ていなくてもOK!
盆踊り会場には、今年アポイの火まつりで町中を練り歩いた“ねぶた”も展示されますよ♪

No responses yet

Aug 09 2010

大輪の花

Published by webmaster under webmasterからの連絡

第40回アポイの火まつりが、大成功の幕を下ろし終了しました。
心配していた天気も、両日ともに超晴天に恵まれ、夏祭りらしく団扇があちこちでパタパタと。
最終日は、(予想はしていたものの)沢山の来場者が会場を訪れ、ビールやおつまみを買うにも長蛇の列!
空席を探すのも一苦労で、後半は土手に腰をおろしたり、自宅からアウトドアチェアを持参した人まで(笑)

7日(土)夜からのレポートを♪

会場に訪れる沢山の子供・大人に大人気の「カンランくん」と「アポイちゃん」
携帯電話やデジカメを手に、記念撮影する人たちが常に彼らの周りに集まっていました。
写真撮影など、彼らのマネージャー(アポイ岳ジオパーク推進委員会の方)がしっかりサポート!
携帯ストラップの売れ行きも良かったのではないでしょうか。

ステージでは、地元で有名なバンドが大盛り上がり!

終盤にもなると、ステージ前にはファンが殺到し、ノリノリ♪♪
来月には、全国からたった13グループしかピックアップされない、音楽イベント(全国バンド自慢2010 )にも参加すると言うプロ顔負けの暑いステージでした(#^.^#)

会場の熱も上がりきったところで、後方からドンドンドンと太鼓の音が聞こえてきます。
様似の伝統芸能である「アポイ太鼓」を先頭に、ねぶたパレードが無事会場に到着!
午後7時に「親子岩ふれ愛ビーチキャンプ場」を出発したねぶたは、大人の手をかりつつ、地域の子供たちが一生懸命ロープを引き、会場である「ふれあい広場」までやってきました。

以前は、倍以上のねぶたが練り歩くパレードでしたが、年々台数が減りちょっと寂しくも感じますが、自治体の大人たちの手によって作られたねぶたは、どれも素晴らしい出来栄え。
このねぶた製作は、約1カ月の期間を要し、日々深夜まで作業し続けた集大成!

一生懸命、会場までロープを引いた子供たちも、製作に携わった大人たちも、本当にお疲れ様でした。

翌8日
天気予報を大幅に外し、ジーットしていても汗が噴き出すギンギラお天気!
会場には、近隣市町からも歌謡ショーを見に訪れる人がたくさん。
陽が暮れてようやく過ごしやすくなった頃には、ステージが始まり、皆さんTVに出ている芸能人歌手(みのや雅彦さん・田川寿美さん・堀内孝雄さん)の歌に酔いしれておりました。
最高潮に盛り上がっているステージをよそに、空には濃い霧が・・・
せっかく待ち遠しくしていた花火大会は一体どうなるのか!?

ドーン!ドーン!パラパラパラパラパラ。
皆さんの祈りが通じ、みごと6年ぶり!様似の空に大輪の花が咲き誇りました(●^o^●)

花火終了後は、沢山の拍手が響き、関係者の心に響いたのではないでしょうか。

年々寂しくなりつつある小さな町の大きなおイヴェントですが、来年もまた楽しみにしています。

No responses yet

Next »